HOME > マウス一覧 > GFPマウス

マウス詳細データ

系統情報
資源番号
nbio020
系統名 GFP
正式名称 C57BL/6-Tg(CAG-EGFP)C14-Y01-FM131Osb
略称・別名 Green Mouse
系統分類 mutant
バックグラウンド系統 C57BL/6N
由来 大阪大学遺伝情報実験センター
樹立者 岡部 勝 先生
寄託者 岡部 勝 先生
分譲条件

大阪大学微生物病研究所附属遺伝情報実験センター遺伝子機能分野(http://www.egr.biken.osaka-u.ac.jp/information/results/bio_resource.html)に連絡すること。 大阪大学とのMTA締結が必要。 ご不明な点がございましたら当バンクまでご連絡ください。

Animal Health Report
詳細

オワンクラゲ (Aequorea victoria) 由来Green Fluorescent Protein遺伝子 (act-EGFP) を全身に発現させたトランスジェニックマウス。トランスジェニックマウス作製に使用した系統は、C57BL/6Nである。現在、ヘテロ遺伝子型で凍結胚を保存している。 GFPを発現している細胞は、UVもしくは青色光照射により容易に可視化できるため、臓器移植実験や細胞移植実験などに利用可能である。

GFPマウスの写真

GFPマウス(右の3匹 : UV照射により緑色蛍光を発する)

参考文献
  1. Ikawa M, Yamada S, Nakanishi T, Okabe M. Green fluorescent protein (GFP) as a vital marker in mammals. Curr Top Dev Biol. 1999; 44:1-20.
  2. Okabe M, Ikawa M, Kominami K, Nakanishi T, Nishimune Y. 'Green mice' as a source of ubiquitous green cells. FEBS Lett. 1997 May 5; 407(3): 313-9.
保存情報
精子 自家 遺伝子型
凍結方法 FERTIUP
他機関 遺伝子型
凍結方法
自家 作出方法
遺伝子型
凍結方法 EFS40
他機関 作出方法
遺伝子型
凍結方法
分譲までの期間 凍結精子 手続完了次第即日発送可能
凍結胚 手続完了次第即日発送可能
生体 約2ヶ月
遺伝子情報
作出方法 transgenic
遺伝子記号 Gfp (EGFP)
遺伝子名 Green fluorescent protein (Enhanced Green Fluorescent Protein)
genotyping情報