HOME

(独)医薬基盤研 実験動物研究資源バンク

このホームページでは、(独)医薬基盤研究所 難病・疾患資源研究部 疾患モデル小動物研究室が行っている実験動物研究資源バンク業務や研究内容について解説しております。

新着情報

  • 2014年3月28日(金):新たに10系統のマウスの分譲を開始しました。
  • 2014年3月28日(金):4月1日より、分譲・受託サービスの価格が改定されます。改訂価格表を掲載いたしました。難病をはじめとした疾患研究・創薬研究に貢献できますよう、また利用者の皆様のお役に立てますよう、より一層の努力をいたしますので、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

実験動物資源のデータベースJMSRへの参加

当バンクの実験動物の系統情報はJMSR(Japan Mouse/Rat Strain Resources Database)にも登録されております。 詳しくはJMSRのページをご覧下さい。

待ち時間情報

マウス分譲 2-3ヶ月後にマウス輸送*
保護預かりサービス 凍結胚・凍結精子作製サービス 常時受け入れ可能
凍結胚からの生体作出サービス 2-3ヶ月後にマウス輸送
凍結精子からの生体作出サービス 4-5ヶ月後にマウス輸送

*ただし,SCG/ThpNkcマウスについてはお問い合わせください。

Cover Image